忍者ブログ
概ね日付が変わる頃書いているので昨日と今日の境目がおかしい。幕末と人形と文学的な何かを愛している。
[831]  [830]  [829]  [828]  [827]  [826]  [825]  [824]  [823]  [822]  [821
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なーにかーら、書こうかな……

さて、はて。
さる11月9日、舞台版BASARAの新作を観に行ってまいりました。ちなみにマチネ。
キャストは変わるし、短編二つと言う謎構成だし、あのドS演出家に短編なんてもんが出来るのか甚だ不安だったし、凶王誕生つってんのに家康いないし、もうどうしたものかと。
とはいえ、キャスト変更の、変わる、という部分については別に不満や不安があったわけではないです。新たかな蒼紅のお二人は、幸村については何も知らない方でしたので、まっさらな分の期待を。伊達さんの方は、滝川部長と甘ったれて呼び習わしている世代ですので「ぶちょーが伊達さんwww いや、でも大丈夫でしょ、部長だし(真顔)」と言う不安と信頼を。それぞれ抱いておりました。


結果的に、幸村はやや訛りが気になる。そして、全体的にがんばれ。190cmだかの長身だと聞いてたんですが、それで短く感じないってあの槍どんだけ長いの。その槍を振り回せている、と言う時点で結構いい線行ってると思うのだけれど、殺陣は、もう少し幸村っぽい若さと言うか、勢いと言うか、我武者羅さが欲しいなあ(この辺は台詞回しにも)。上手にやろう、無難にやろう、としてない? そもそも、幸村の殺陣にそう言う色気は求めてない。色気だそうとしてる割には、見得を切るのも下手だし。同じく新規のキャストでの半兵衛、びしんが、彼本人の若さもあってか、若者らしい勢いのある非常に愛らしい・愛すべき殺陣をしていたので(特にあのフェンシング型の突きなど絶品。突きなのに肩から突っ込んで行かんばかりのあの勢い美味しいです。慣れてくると消えてしまう部分のような気がするけど、だって既にリンカネから比較して、キャラクター性差っぴいたとしても大分消えてたし……大事にして欲しいなあ) 余計に。キャラ的に幸村のがそう言うキャラじゃないですか。だから、びしんのも半兵衛としては不正解なんだろうけど、個人の嗜好としては素晴らしいの一言を贈りたい。半兵衛的には、あと半歩引いてくれって感じだけど。って、幸村じゃなくなったな。
部長筆頭は、なんか特にいつきちゃんに対する態度とか完全パパだった。頭撫でてんのとか。そこのカップリング好きだって人もちらほら見かけるんですけど、ゲームでは兄妹くらいかなって思ってて。でも、部長筆頭は完全にお父さんだったなあ、って。全体的に頼り甲斐のありそうな、優等生の雰囲気。どっかで読んだんだけど「滝川筆頭はちゃんと手綱持って馬に乗りそう」というのが、一番正しい評価な気がします。殺陣は、ああ言うしっかりした体躯を持っていて、筋力ある人特有の、腕だけで振ってしまうのが少々目立った感じか。あの人手足長いしなあ。もう少し、わざとらしいくらいに腰を落とさないと、ちゃんと重心下げて、腰入れてるようには見えないのかもしれない。がんばれ、ぶちょー。(ただ、このやり方をすると物凄く足腰に負担がかかるし、なんか足を怪我したみたいな噂も聞いたのでちょっと心配)次は絶対六爪抜いてくれるって信じてる。むしろ何故抜かなかった。あの人の腕力あれば、なんとか振るくらいは出来ただろうに。でも、二刀流状態の時の安定感などは流石。と言うか、そっちの方がきちんと腰入って見えたので、いつも二刀流の気持ちでやってください、部長。

と、新蒼紅への雑感が終わったところで、前半。
(というか、書いて気付いたけど、やっぱり結構キャスト変わるの気にしてるかもしれない……)
実の所、前半、つまり「深淵の宴」の方はストーリーがいまいち……面白くないっつーか、暗いし、話がぽんぽん飛ぶのでわかりづらい。ゲームで言うと、宴の佐助ルートと、英雄外伝の小十郎さんの話を混ぜた感じ……ですか? 英雄外伝久しくやってなから記憶が……でも、小十郎さんvs伊達さんがあったのって、そこだよね。いや、幸村・佐助サイドの方はまだ解る様な気もしたんですが(しかし、一番インパクトあったのは佐助のグーパンと言う……ゲームでは平手一発だったけど、舞台だとグーパンで3回くらい行きましたよね、あれ。前回の宴でも結構あっさり引っ叩いてたし、舞台佐助は随分アグレッシブだと思います)、伊達さんの方がさっぱり。
まあ、元々伊達さんの話はゲームの時点で理解しているとは言い難いんですが。
だってあの人何考えてるのか、いつもわからない。
なんだろうねえ……BASARAの伊達さんって、結局どう言う人なんだろう。と言うのが主な感想。なんで凹んだのか。だって、私にはあの人、どうしようもない自信の塊に見える。わからん、わからんなあ。また部長筆頭ってしっかりしてそうだから。そこに至るまで、のお話がさしてされていないって言うのに、小十郎さんに叱られてる構図と言うのも大概謎。
その辺りは、幸村・佐助サイドの方は幾らか解りやすかったかなあ。佐助大分アグレッシブだけど。よーじろーさんの佐助はなんであんなアグレッシブなの。おかんと言うか、頑固親父、雷親父の類だよね。面倒見は良いのだけれど、なんと言うか、怒り方が。

そして、いろいろあり過ぎた凶王誕生。
物凄く「3に続く!」な内容でしたが。ただ、このストーリーが三成くんが辿った道だとするならば、あまりにも哀れすぎる。そして、そんな様子を間近で見ている……尚且つ、遠からず自分も居なくならねばならない立場である、刑部さんの心境や如何ばかりか。
まあ、目下、刑部さん楽しそうでしたけど。
引き笑いのしすぎで毛利さんに突っ込まれたり。
宴会芸で縄跳びしたり。
つーか、縄跳びすげえ。胡坐のまま、毛利さんの輪刀で1回(これは1人で)。そして、やっぱり胡坐のまま、官兵衛さんの鎖で大縄跳び、ですよ。信じられない。以前、新田さんは別のお芝居で大変アクロバティックな動きをされているのを拝見していて(人の背丈ほどの高さからぽぉんっと跳ねて、綺麗に回転して着地、と言うのを見た。体操選手みたいだった)、
「この人ただ座らせておくのは勿体無いよ!!!」
と、思っていたのですが。
まさかの座ったままアクロバットですよ。すげえ。
また、三成との
「今日は3回だ!」
「やれ、三成。主にしてはやさ」
「8回だ!!!」
「(言葉につまる)」
のやり取りの可愛らしいこと。
8回きっちり、成功させるしね。すごい。

宴会芸は、あとは、越後塚だけはもう勘弁してください、って言わせてください。とか。
ベルばら大好きで、あの場面の歌、歌えるし、台詞もそのまま続けられる自分としては本当に息が出来なくなるほど笑いました。しかもその後、ヅカ版のBASARAの歌、歌い始めたしね! そんなもんまで輸入してこなくていいよw
あと、いつきちゃんの歌可愛かったなあ。「伊達軍がいい~♪」って歌い始めて。でも、言ってる事結構辛らつだったけど。んで、伊達さんが褒めたら、若干拗ねた雰囲気かもし出す小十郎さんとか。かわいい。不覚。
豊臣軍は、毛利さんまで巻き込んでやりたい放題でしたね、なんかもう……しょうがんないよね。りょーへーにーさんとせーじろーさんだもの。誰かブレーキ!

そうそう、毛利さんと言えば。
武将祭の時にも思ったのですが、こにーはほんっと殺陣上手になった。輪刀を持っているときそのものも上手になって、振り回されることもなく、背筋も伸びて、綺麗になってまあ……と言う感じだったのですが。一番上手くなったなあ、と思ったのが自分では持っていない輪刀の扱い方。アンサンブルさんが持って、そちらで投げ渡して動かしていくような場面ですね。それが、観ているだけ、ではなくて。きちんと指示を出していると言うか。持っていないけれど、毛利さんの意のままに動かしているような雰囲気を出すのが凄く上手になってた。それも殺陣の一部だと思う。大事な大事な、ところだと思う。
なおかつ、ギャグにシリアスにと八面六臂の大活躍で、毛利さん、実は今回のストーリーにはいてもいなくても良さそうな役柄なのに、一番出来がよかったんじゃなかろうか。

あ、ストーリーに戻りますけれども。
気がかりだったのは、家康不在。なのにも関わらず、タイトルは「凶王誕生」
でも、今回の話はむしろ家康がいないからこそ出来上がったもの悲しさ、哀れさ、と言うのはあったと思う。あいつ、いないのにね。それでも三成くんは信じてるんだよね、最初は。ほんと、なんて哀れな男なんだろう……
ひろくんがブログに書いてた(舞台で三成が家康、家康と呼ばわる度に)「ここにいるよ!って思ってた」と言う、アレ。最初、観に行く前は只管仲が良くてちょっと床とか殴りたくなるパターンの役者さん同士の微笑ましいエピソードの一つ、と捕らえていたのですが。
改めて考えると、少し意味が違ってくるような。

そんなところかな。
方々飛んだけど。
まあ、そんな感じ。
だって話自体が方々飛んでたんだもの。むつかし。

拍手

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[01/15 ラフェア]
[12/08 BlogPetのしゅーちゃん]
[12/01 BlogPetのしゅーちゃん]
[11/30 ジョージ]
[11/29 ジョージ]
最新TB
プロフィール
HN:
Ruin.duin.
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
Twitter
Copyright © dAy of Rd All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]