忍者ブログ
概ね日付が変わる頃書いているので昨日と今日の境目がおかしい。幕末と人形と文学的な何かを愛している。
[836]  [835]  [834]  [833]  [832]  [831]  [830]  [829]  [828]  [827
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


LotR及びホビットロケ地巡りを口実に、ニュージーランドに行ってきました。
概要はこちら

10月20日ニュージーランド2日目。夜日が暮れてから(と言っても暮れるのが8時過ぎ、9時くらいだけど)と、朝の日が出る前が鬼のように寒い。クライストチャーチが一番寒く感じたが、オイルヒーターに救われる。観れば街角に白樺が生えるような地域で、まだ桜が咲いてる時期なのだ。寒いわけだ。
宿の前をうろちょろしていると、約束の時間にやや遅れてお迎えの車が登場。あれ、サファリとか走ってそうな車がでーん、と。
おしゃべりで親切なお兄ちゃんがガイドさんでした。他の面子が、オーストラリアとニュージーランドの方たちだったので、訛りきっつー。むしろNZとAUの訛りの違いなどネタにして笑っていらしたが、わかるかそんな高度な冗談。ただ、そのオーストラリアからきたと言うご夫婦の奥様が、昔ちょっと日本で仕事してたとかで色々と気に掛けてくださったのでありがたかった。ちなみに、私と同じ年くらいの息子さんがいるそうだ。
ガイドさんのおしゃべり(この国のガイドさんはよく喋る。運転しながら兎に角喋る。ちょっとこわい)に耳を傾けながら、遠く遠くエドラスへ。ニュージーランドで二番目に長い橋(一番長いのはどっかの島と島の間の橋だそうだ) を越えた辺りで最後の休憩をとり、道は続くよ。
ええと。
ずっと牧場と農場です。
一生分の羊が見られます。たまに牛と馬もいます。馬まだ上着着てます。寒い。
ちなみに、映画のことと地震の仕組みの説明とクライストチャーチを地元の人は「チャチャ」と呼ぶことと晴れてればマウントクックが見えること(見えなかった) は聞き取れたけど、なんか双子の兄弟がなんとかとか、その辺はそもそもなんの話なのかわかんなかった。なんの話だったんだろう、あれ。
お兄さんヴィゴがお気に入りらしくって、ちょいちょいあの咥え煙草でもにょもにょむにゃむにゃみたいな喋り方の真似を挟んできてとても面白かった。

どうにもTop of the Lake ちっくな寂れた可愛い集落を過ぎると、いよいよエドラスが遠くに見えてきます。

そしてじわじわ近付いていく。
ウサギも跳ねていた。そして羊もいた。

 
小さな川を幾つか越えて、やがて近付く古の城。

いやね、なんて言うんでしょう。昔々何百年か、何千年かの大昔。ここにローハンと言う国の王宮があって、と言われたら信じてしまいそうな風景。
エドラスは撮影に使われた建物がもうないから……と言いますが、その分の物悲しい浪漫が楽しかったです。実際のお城や、何かの史跡も大抵は何もなくて、それでも空や山の線は変わらないのだろうな。今ここにある大きな木は、その頃まだ木のみだったのだろうか。と、勝手に寂しくなることも多いのですが、それとよく似た感傷です。

門があったトコ。(多分)
割れた岩が目印。

エオウィンが立っていた所、と、そこから見た景色。

エドラスのてっぺんより、角笛城への入り口を望む。
非常にわかりにくいが、中央やや左に3本の木立があり、それが目印との事。
ただ、この辺死ぬほど風が強かった。息出来ないわ、立ってられないわで、もう大変、大変。直立しようとしても煽られて歩いてしまうのね。日本でもこれくらい強い風吹くことある? って聞かれたけど、こう言うのは日本じゃ台風って言うんだよ!!
太陽も出ていたし、気温は然程低くなかったと思うのですが、多分ウィンドブレーカー着てなかったら死んでた。

バイバイ、エドラス。

エドラスを少し離れた辺りで、遅めのランチになります。メニューはサンドイッチ(サブウェイでフットロング頼んだくらいの分量)と、なんかよくわかんないケーキ。あとシャンパン。ケーキは美味しかったけど、なんと言うかスニッカーズの中身みたいで甘くて甘くてとても甘くてそして甘い! みたいな感じだったので、半分ほどで挫折。晩御飯になる。サンドイッチはハムとチーズがたっぷりで文句なし。


あと、アラゴルンが角笛城へ来るときに、そちらを臨んでいた場所なども。
右手にある丘とも崖ともつかないところに立っていたそうだ。

帰りはガイドさんも静か目で、車内もちょっとうつらうつら。僕もシャンパン入って眠くてうつらうつら。この辺りで酔い止めを飲み忘れていたことに漸く気付く。何事もなくてよかったです。
晩御飯は、バーガーキングで食べたんですけど、ここが一番言葉通じなかった。ガイドさんがベーコンで言ったのも、何度聞き返してもバイキングにしか聞こえなくて困ったし、中途半端に日本語になってる言葉が一番わからん。

この日はクリミナルマインドの結構先のシーズンを観ながら就寝。最後まで辿り着かずに寝落ちしたもったいない。珍しく力仕事に回る羽目に羽目になったリードくんが「何でこんな時に限ってモーガンはいないの??」ってぼやいてたのが可愛かった。

拍手

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新CM
[01/15 ラフェア]
[12/08 BlogPetのしゅーちゃん]
[12/01 BlogPetのしゅーちゃん]
[11/30 ジョージ]
[11/29 ジョージ]
最新TB
プロフィール
HN:
Ruin.duin.
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
Twitter
Copyright © dAy of Rd All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]