忍者ブログ
概ね日付が変わる頃書いているので昨日と今日の境目がおかしい。幕末と人形と文学的な何かを愛している。
[824]  [823]  [822]  [821]  [820]  [819]  [818]  [817]  [816]  [815]  [814
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

せ、正式タイトル長かった……
と、言うわけで、エリザベートのコンサートに行って参りました。

トート初登場シーンで何故か泣く。感動とかなんとかより、なんかもうわけわかんないけど涙がぶわあっと溢れてたまらなかった。僕はやっぱトートが好き。連れて行って。あなたとゆけるのならば、僕は鴎になり空をも翔ぼう。魚にもなり海をも渡ろう。ただあなたといたいのだ。連れて行って、どうか。どうか。
……
…………
………………
マテトート はやんちゃで割と男くさい。愛して欲しいと言うのも、シシィ僕を頼って欲しいと言うベクトル。あとエロい。最後のダンスとかやばい。DVDで観たのよりは 落ち着いた風情だけど。それが子ルドのベッドに腰掛けたりお姫様抱っこしたり片腕で抱えたり、大人ルドキャッチしたり(勢いあったせいか、ルドルフのハ グッ!!って感じも大概だったけど)キスしたりするんだから僕の頭はギリギリチョップ。ああ言うのを噛み付くようなキスって言うんだろうなあ。トートなの に生命力溢れ過ぎだ。格好いいけど。むしろ惚れるけど。閣下、どうか僕を(以下略)
今回はコンサートなので、オーケストラが見えるのが面白い。トートダンサーの片翼もいいな。なんか、アレだ。さもなんとかのニケみたいな。ただダンサーさんにはちょっと狭いかな。翼を広げきれないような雰囲気。まあコンサートだからな、うん。
私 だけにのリプライズかな?エリザベートとトートとカイザーで三重唱になるとこ。あそこのエリザベートが出てくるとこ。そう言う演出なんだけれども、本当に あの肖像画みたいで素晴らしかった。舞台で、あれだけくっきり画像イメージ植え付けるのも難しくはないかしらん。美しきカイザーリン。エリザベート。
し かし、このエリザベートは三割増しくらいで強そうですし、割と自信に満ちあふれていらっしゃる。ずっと長いこと彼女を演じていた方だそうなんで、当然かな。マテトートも割とロックな歌い方するから、私が踊る時のバトル感たるや凄まじいってレベルすら通り超してた。あんま優しくも悲しくもないのな。僕、見るならやっぱきっちゅ!な存在だけでいいや。
つか、やっぱ多分根本的にエリザベート自体は好きじゃないんだよ。幾らか勉強はしたけど、特にこの ミュージカルでのエリザベートは好きじゃない。言ってることはゾフィの方が正しいと思うのだけど。でも最期にはゾフィも皇后の義務を忘れてる。母親になりたがった、だから惨めに滅んだ。つか、フランツが結婚した時点で息子(皇太子)であることを止めて、夫ないし父親(皇帝)にちゃんとなっとればよかったんやな。エリザベートは正しくないけど、それを糺せなかったのは皇帝だから。だからハプスブルクは滅んだのではなかろうか。
ちなみに休憩中に近くに座ってたお嬢さん方が言ってましたけど。優柔不断で頼りない、だめお。なんで結婚したのか解らない、だそうですよ。なんか言われてんぞ、フランツ。
と、 かくのたまう程、私は保守的で頭の古い人間なんですが、不思議なことに革命、それも自由・平等・博愛の市民革命が大好物なわけですな。で、なんとなくなんでかなって見ながら考えてみた。なんつーか、好物と言うより、なんで正しくないはずのものが正しいものに勝てたのか。その辺の答えを求めて、興味を持ち、 好むのだなあ、と。この話には、更に正しくない(とされているもの、つまりナチスだ)が出てきますからね。なんか、ああ、だからかなあって。所業や方法は 別として思想は間違っちゃいないと思うんだ。私生活を調べてみたらいい。下手な王族よりよほど、庶民が為政者にそうであってほしい正しい生き方してる ぜ。
えーと。
そうそう。途中で字幕でなくなって、ルキーニが日本語で歌いだした所があったんだけど、アレはそう言う演出かね。面白いし、 嬉しくなかったわけではねえけんども、ぶっちゃけドイツ語のがまだ聞き取……げふんがふん。まあ、多分チーム一日本語出来るマテはトートだから。閣下が突然異国語使う訳にも参りますまい。つか、ルキーニの人。ハイジは兎も角ベルばら見てたってどないな幼少期やねん。あと指輪のミュージカル(?)ではビルボやってたらしい。確かに走り方が小人的で大層愛らしかった。
ドイツ語つったら、あれ。子ルドがゾフィにビッテって言って、返答がナインだけだったけど。王族とかでもそんだけでいいんだなあってなんか変なところで感心した。ちょっと面白かったです。

あと、パンフに歴代エリザベートとトートの写真が載ってたけど、こうして見るとやっぱ城たんトートは驚異のビジュアル系だったな、って。並べてみても際立つあの美しさ……と言うか、日本人ってほんとネガティブで退廃的なものに程うつくしさを求めるなあって思いました。

拍手

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[01/15 ラフェア]
[12/08 BlogPetのしゅーちゃん]
[12/01 BlogPetのしゅーちゃん]
[11/30 ジョージ]
[11/29 ジョージ]
最新TB
プロフィール
HN:
Ruin.duin.
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
Twitter
Copyright © dAy of Rd All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]