忍者ブログ
概ね日付が変わる頃書いているので昨日と今日の境目がおかしい。幕末と人形と文学的な何かを愛している。
[392]  [391]  [390]  [389]  [386]  [388]  [385]  [387]  [384]  [383]  [382
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『長州ファイブ』ドラマCDのイベント「長州ナイト」に行ってきた。
レポートするほどの内容でもないけれど、(だって時間30分しかなかったし)まあ雑感だけ、記録しておく。
場所が……なんというか、専門の卒業式やった場所で……しかもホールまで同じホールで……もうどうなのよ、それって、状態。お陰さまで迷ったりはしませんでしたが、えぇ。
そしてなんだか何時にない場違い感満載で居心地が悪い。考えてみれば、私は本日出演される御三方の誰のファンと言えるほどファンでもないのだ。石田彰ってすげぇな、とはよく思っているけれども、それくらいで。野村弥吉の森田さんが出ていれば、私もフツーの声優ファンとしてこのイベントに参加しただろうけれど、嗚呼哀しいかな、この場での僕はただの幕末オタク(その上幕府贔屓)でしかない。まあ居心地悪いのもせんなきことかな。他にもそういう人っていたのかしらん。DVDも見た人、という問に殆ど誰も手を上げなかったところを鑑みるに、そーゆー人は少なそうだ。私は、勿論、見ている。
もふもふと、三人の役者さんのお話を聞く30分間でした。でっかい時計があった所為か、時間は妙に正確で、ちょっと短いと思われるほど。聞多役の関さんのお話が特に面白かったです、興味深い、といいますか。もしかしてこの方日本史、幕末史にお詳しいのでしょうか。さらさらと年号で答えてみたり、とそういう片鱗が伺えました。途中で言われていた関さんが幕末語るイベントってのが実現したら是非参加したいです。(笑) そーゆーのやっても面白いんじゃないかな。ラジオではなんかありましたよね、なんか、ひたすらお城について語るラジオが……

何と言うか、自分はやっぱり幕府贔屓で、今特に蝦夷共和国が第一の興味の対象で。だから、長州がらみの史跡とか、資料館とかあんま行ったことなくて。
(松陰神社には行ったことあるけれども。他には、とんと)
なんというか、彼らに関しては嗚呼、生きていた人たちなんだなって思ったことって、まだないんですけれども。
少なくとも、自分が好きな人たちの絡みの史跡やらには都度都度行って、ああまだこんなに彼らを知っているモノたちが残っているほど、近い世界の人たちなのだな、と思っていたりするんですが。
それでも、そんな人たちを「演じた人」というのを実際に目の当たりにすると。
嗚呼、遠い時代の人たちなのだな、と。
そしてこれからもどんどん遠ざかって行くばかりの人たちのことを、あたしは凄く好きなんだな、と。ちょっとばかりの虚しさを、覚えてみたりしたわけであります。

でも、虚しさに負けず、これからもどんどん愛していくぞ、と。
二分咲きの夜桜に誓った日でありました。ちゃんちゃん。

拍手

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[01/15 ラフェア]
[12/08 BlogPetのしゅーちゃん]
[12/01 BlogPetのしゅーちゃん]
[11/30 ジョージ]
[11/29 ジョージ]
最新TB
プロフィール
HN:
Ruin.duin.
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
Twitter
Copyright © dAy of Rd All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]