忍者ブログ
概ね日付が変わる頃書いているので昨日と今日の境目がおかしい。幕末と人形と文学的な何かを愛している。
[789]  [788]  [787]  [786]  [785]  [784]  [783]  [782]  [781]  [780]  [779
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レイトショーで見たんだけど、それで丁度いいと思った。
映画館でて、夕暮れだったり、昼間だったり。朝日はあんまりないだろうけれども、どんなにせよ、太陽出てたらめげた気がする。めげる、というか、しょげる? そんな感じ。
夜だとなんか気分よかった。薄曇でどんよりの夜空だったのもなんか良かった。タクシーに乗ろうかとも思ったんだけど、見当たらなかったからてれてれ歩きながら帰ったよ。パトカーが近くに来たとき、微妙に速度落とされたのはなんでだろうね。ぺこー、ってしたらそのまま去って行ったけれどもさ。

取り敢えず、心置きなくまちだだった。まほろならぬまちだ。高架下的なところしかよく覚えてないんだけれどもさ。久々に行きたいな、まちだ。アフター並ぶんなら行こうぞ。(どうやって、開始時間までに行くつもりで……)
……んーと、それはそれとして。なんかいろいろ長かった。映画自体も長かったし、予告編も長かった。ああ、面白そうだな、見ようかなと思ったのに、予告編長すぎて、見てる間に何を見ようかなって思ったのか忘れる始末。多分XMENシリーズかなんかだったような気がする。もう一個あったんだけど、本気で思い出せない。海賊さんは、あんましそそられなかったなあ。映画の予告編って、こんなに長かったでしたっけ。
行天さんは兎も角として(余談だが、彼のことを「松田兄弟の……ええと、伊達さんやった方だから、龍のつく方」って母に言ったら「どう言う覚え方」と言われた。伊達さんだから龍のつく方、ってこの上なくわかり易い覚え方だと思うんだけれどもなあ) 多田さんみたいなタイプは厳しいなあ、と。年齢どうこうじゃなくて、なんかこう、うん。最近のあれくらいの俳優さんだとそう言うイメージじゃないんだよね。なんだかなあ。あの、何かしらきらきらしいところとか、格好つけてるところとか要らない。
まあ、いいんだけど。
なんじゃこりゃあ、すごい面白かったし。
笑ってたの自分だけだったけど。
え、あれ、笑うとこと違うん? みたいになったわ。レイトショーって意外に人入ってるんだけれども、なんか皆静かって言うか、無反応なんだもん。怖いよ。じゃなかったら寝てんのかと思った。
いや、でもあのシーンは一見の価値があるよ、多分。ただぼんやりしてたり、歩いてたり。それだけで絵になるってのは……ああ、そうか。そう言うの多田さんには要らんところなんだ。多分あの人はぼんやりしてたら風景と同化するよ。それにはちょっと目立ちすぎる。そう言う意味では行天さんの方が、作り易いキャラクターしてんのかもね。ファンタジーだし。
笑うところと言えば、ジャージのズボンマフラーにする行天さん見たかったなあ。
見たかったなあ。
大丈夫、彼なら似合う。
それとも普通過ぎて見過ごしたりしてたんだろうか。毛布の塊になってたのは面白かった。毛布の塊が喋るのもっと面白かったし、可愛かった。引き攣って飲み込むような笑い方も面白かったな。ひゃひゃ、って言うの。印象的。
由良公や、多田さんと行天さんの過去話のところ……要するに、子供が出てくるシーンは、イメージより幼かった印象。特に由良公はもっと大きいような気がしてた。
あと、行天さんの行動原理、とでも言うのか。彼が「いなくなる」と言うアクションを取る時の切欠が判り易かった気がする。ふらっといなくなるんじゃなくて、眼を見られると逃げる、みたいな、感じ? のべつ幕なし助けるのはいいんだけど、自分が特定の個人を、ってなると駄目なのね、きっと。なんかそれは判るような気がするなあ。何にせよ、自分、に振られると逃げたくなるのだわ。でも、自分、でなくては駄目なのだわ。我侭なのだわ、でも仕方ないのだわ。
うん。
読んでる間……じゃないんだけど、読んでる間、って言いたくなる。まあ、観てる間、何故かまほろよりも、『月魚』の方が頭を過ぎっていた。世代の問題だろうか。でも、この二つの話って結構似ていると思うな。と言うか、基本の構図は一緒だよな。まほろの方がちょっとだけ、草臥れているだけで。と、初めて気がつきました、はい。
どっちかっつーと、同じキャストでも『月魚』のが見たいとか思ってな……嘘、ちょっと思ってる。龍の人の方はどっちでもいいだろうけれども(惣三郎やったくらいだもの、マシキだって出来るさ)、多田さんじゃなくて瀬名垣の方が似合うって。まあ、あれは子供探すのが難しそうだけれども。

あ、あとこの年になってまで、一場面とは言え『フランダースの犬』を映画館で見ることになるとは思わなかったです。そんなシーンでもないのに、凄い笑い込み上げてきた。精々テレビ画面に映ってるのを写すくらいだと思ったら、まさかの全画面表示。大画面でしゅーよみもーとーにー、ですよ。どゆことなの。

拍手

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[01/15 ラフェア]
[12/08 BlogPetのしゅーちゃん]
[12/01 BlogPetのしゅーちゃん]
[11/30 ジョージ]
[11/29 ジョージ]
最新TB
プロフィール
HN:
Ruin.duin.
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
Twitter
Copyright © dAy of Rd All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]