忍者ブログ
概ね日付が変わる頃書いているので昨日と今日の境目がおかしい。幕末と人形と文学的な何かを愛している。
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お揃いを作るにあたって、色選びの最中の副産物。
今回ドルパには置いてけだったので拗ねて「おーきーたーせーんーせー・・・」となってる寅さんと、そんな彼を明らかに持て余す総司さん。頑張れ、一番隊長。
「いや、俺に言われても」

背景は、気にしたら負けです。



拍手

PR
土方歳三、あだ名はパパ。ドルパ会場にて、特別出演・脇様宅ペコーさんと我が家のだんちーちゃんの幼子二人抱えて筋力の限界にちゃーれんじ♪ 因みにこのあとデジカメで写真撮ろうとしたら、だんちーちゃんがずりっと行ったので、これしか写真ないのです。あれは危なかった。
・・・真にやばいのは、本日一日、真田の歌と赤也・柳ペアの歌がエンドレスループだった自分の頭かと。

そんな愉快なドルパ。自分が半ば放棄したビンゴカードがビンゴして、友人が精天使当てたりいろいろありましたが、また今度!



拍手

こんな面子。

アボルタージュコンビ・・・のはずなんだけど、単なる親子。・・・副長にブーツはかせたらまた立ってくれなくなった。なんなん、この人・・・はく前はだんちーちゃん片手抱っこでも立ってくれたのに・・・



拍手

・・・、かな?

取り敢えず、衿が綺麗についたので、その他の失敗はなかったことに。



拍手

刺繍にした。
・・・よくあることです。レース目一杯もいいけど、刺繍するのも好き。下手だけど。この調子でドルパまでに仕上がるんだろーか。しかし、予想はしてたけど、この布恐ろしく縫いにくい。アイロンもかけづらい。
あと、ピケが大爆発起こしてて、あがー、ってなった。沖縄言葉でうつるのは、イントネーションとかじゃなくて感嘆詞だと思う。



拍手

だんちーちゃんの分は、このレース選びが楽しくて進まない。

あと、末さんの歌ってるテニプリのキャラソン(だがキャラ名は知らないこの矛盾)がある意味ガチ過ぎて、別の意味で作業進まない。かちゃーしー、踊ってしまうさぁ。



拍手

正直すまんかった。
これからもう少し弄るので、出来上がりは単なるパーカーっぽくなる予定。
ところで、これはボークスで売ってる13少年用の型紙をそのまま使ったんですが・・・17でもでけえよ。道理で最初作った時大失敗なサイズになるわけだよ。寅さんと総司さんは補整しないとダメだな、こりゃ。



拍手

大事なところなので、不必要に頑張ります。

・・・
薄桜鬼のラジオを聞いてると、10分くらいで何故かPCの電源が落ちるんですが、どうしたものか。



拍手

ズボン作り中。

存在の意味が最初判らなかった持ち出しより難儀だと思う。
頭煮立ってきた。



拍手

うん、でもそれ関係ない上に、作品飛び越えてるし、それで言ったら一さんと富山さんもいるからな。・・・なんでもいいですが、富山さんと安富さんをつい混同しがちなのは自分だけ?

と、まあそんなノリで『乱童』を見に行ってきました。
そんなテンションなのは仕方ない。何せ『薄桜鬼』のラジオ聞いてて、じゃあ見に行こうかな、と勢いでチケット取ったんだもの。
でも、勢いの割には面白かったな。一介の声優好きとしては、普通においしいキャストだったし。
・・・とゆーか、まさか森田さんの殺陣がこんなタイミングよく拝めるとは思ってねかったですよ。前に『幕末恋華』のDVDで見て、好みだなあ、とは思っていたんですが。いや、揺らぎはないし、腰はしっかり入ってるし、強そうで好みってレベルじゃねーですよ。モーションアクターの印象が強くて、てっきりそっち系の、アクション寄りの人だと思ってたら、やれやれ。しかもあの恰好(狩衣っぽいやつ、平安から戦国辺りの男性の着物)で、二刀流で、あれだけ出来るとかありえんわ。つか、二刀やって恰好つく人初めて見た。でも、なんで見栄切って終わらせるんだろう。普通でいい、そこは普通がいい。
あとは、ふっきーさん凄かったなあ。あの人、なんで舞台上であんなに視線行っちゃうんだろう。前もそうだったけど・・・単に役柄的に好みなだけのような気もしますが、それもなんか違うような。でもああいう世間から見て異質な少年役、すごいよく似合う。もう少年て年でもないと思うんだが、飽くまでも少年なんだよなあ。不思議な人だ。
それにマネキンさんも凄かった。最初動いた時はマジでビビッたわ。本物だと思ってたんだもん。エラく手先の所作の綺麗な人だなあと思ったら、バレエの方なんですね。

お話的には、都市伝説だし、青山だしで、ちょっとびくびくしてたんですが(心霊怪奇不思議の類は割と平気なんですが、何故か都市伝説にだけは弱くって・・・霊園近い筈だし)、アットホーム・・・違うな、まあ何、その優しい感じのするお話で、安心しました。
うん、見た後凄く安心出来る話だった。感動とはちょっと違うけど、それに近い。暖かいわけでもないけど、安心した。そういう、話だった。

あ、と。
秋山香乃の高杉さんの話を読み始めた。義助の暴走っぷりがアレだとか、桂さんの(主に高杉さんに対する)過保護っぷりが半端ないとか、やっぱり高杉さんには「市ィ!」て呼ばれて引きずり回されたいとか(自分でも利助でも誰でもなく、あくまで市で)、奥様に対する高杉さん可愛いにも程があるだろなんだあれとか、いろいろあるけど、取り敢えず。
吉田栄太郎が吉田稔麿だと気付くのに、足掛け四日、その間に年越しまでしてしまったのは、心底自分だけでいい。

・・・ごめんなさい。

拍手

カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新CM
[01/15 ラフェア]
[12/08 BlogPetのしゅーちゃん]
[12/01 BlogPetのしゅーちゃん]
[11/30 ジョージ]
[11/29 ジョージ]
最新TB
プロフィール
HN:
Ruin.duin.
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
Twitter
Copyright © dAy of Rd All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]